Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ta9hachi.blog.fc2.com/tb.php/32-efd2170f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【書評】『公用文表記の基礎知識』

霞ヶ関の弁護士会館地下にある、弁護士会館ブックセンターで購入。

廣瀬菊雄『公用文表記の基礎知識』矯正協会


今年になって改訂増補がなされました。
常用漢字表の表記にのっとった、漢字と送り仮名の正しい使い方が丁寧に説明されています。

法律文書等の表記は、たとえ堅苦しい文体であっても、基本に忠実でなければなりません。
そこで、この種のスタイルガイドが非常に参考になります。

またブロガーとして日本語を扱う際にも、適切な用語の選択に役立ちます。


本書の内容を一部抜粋すると、

・「事」か「こと」か


 「事」 :全て具体的な事柄(世の中に現れる事象・現象・事件、特に取り上げられるような出来事、変事、行為、振る舞い、行事など)

 「こと」:抽象的な事柄(活用語の連体形に付いてその活用語を名詞化する場合、形容詞の連体形に付いて副詞的な働きをする場合、文末に添えて約束や間接的な命令を表す場合など)

・「旺盛」と「おう盛」

 「旺」は常用漢字表にあるから、前者を用いるのが適切

・「送る」と「贈る」

 後者は感謝の意を表して金品を与えること。そして相手に敬意を表する場合に、後者を用いることが多い。

--

ところで弁護士会館ブックセンターですが、法律好き(?)にはたまりません。
一般書店ではお目にかかれないようなレア本や、マニアックな法律書が多々あるからです。

平積み本や複数冊陳列されている本は、必ずチェックします。
そうすることで売れ筋本は勿論のこと、書店サイドが売りたい本、そして何よりも法曹関係者のアンテナが張られている方向も感じ取れるからです。

そんなこんなで、ここでは財布の紐が緩みまくりです(笑)


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ta9hachi.blog.fc2.com/tb.php/32-efd2170f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

たくはち

Author:たくはち
静岡本社と東京オフィスとを7日〜10日ごとに移動する生活。
職業は半フリーランスな社内法務翻訳者(英日たまに日英)兼PM。

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。