Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ta9hachi.blog.fc2.com/tb.php/57-a25d218f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【書評】『外国法文献の調べ方』

外国法文献の調べ方外国法文献の調べ方
(2002/05)
板寺 一太郎

商品詳細を見る

目次
 第1章 終戦前および被占領期のドイツ法
 第2章 ドイツ連邦共和国の法令
 第3章 ドイツ連邦共和国の立法過程
 第4章 ドイツ連邦共和国の判例
 第5章 ドイツ民主共和国(旧東ドイツ)の法令および判例
 第6章 ドイツ(第2次大戦前,占領中,旧西ドイツ,旧東ドイツを含む)の法令・判例のわが国における所蔵リスト
 第7章 スイス・オーストリア法
 第8章 フランスの法令集と法令の検索方法
 第9章 フランスの法令と立法過程・立法資料
 第10章 フランスの判例
 第11章 イギリスの議会資料の調べ方
 第12章 アメリカの法案・議会資料の調べ方
 第13章 法律学研究に際して役に立つその他の資料
 第14章 全国の法律学・政治学関係の研究機関


特筆すべきは13章。100ページ以上にわたって、詳細に記されています。

国内にある図書館、国際機関・各国政府機関の資料室も紹介されています。
併せて、一般利用が可能か否かも書かれています。
中には特別な身分・紹介が無いと、立ち入れない施設に関する記載もあります。

10年前の本なので、情報のアップデートが必要な箇所もあると思われます。
しかしそれでもなお、実務家・研究者・法科大学院生によるリサーチの助けとなるであろう一冊です。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ta9hachi.blog.fc2.com/tb.php/57-a25d218f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

たくはち

Author:たくはち
静岡本社と東京オフィスとを7日〜10日ごとに移動する生活。
職業は半フリーランスな社内法務翻訳者(英日たまに日英)兼PM。

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。